ボトックスはもうエステ感覚で!

私は元々おでこにしわが出来やすく、20代後半のころからお化粧では隠れないくらいはっきりしたものになって来たので30歳になったのをきっかけにボトックス注射でのしわ取りをしました。 ボトックスとはボツリヌス菌と言う筋肉の動きを鈍らせる菌を注入するので、顔の筋肉を動かして表情を作る上で出来るしわに効果的です。 おでこの場合だと左右3か所、真ん中3か所、くらいで注入します。(クリニックによって様々) 顔に注射するので、もちろん顔に針が刺さり、異物が注入される痛みはあります。 筋肉注射なので、インフルエンザの予防接種に似た感覚です。 ですが施術事態は5分とかかりませんし、目立って腫れたりする事も無いので、 エステ感覚(と言うには時間が短すぎますが)で行える施術だと思います。 私は30歳で始めて受けてから10年間、毎年年に1~2回はボトックス、入れています。笑 2年程前からは考え事が増えたからか、眉間にも深いしわが入るようになり、おでこと眉間、2か所注射してます。 「菌」と聞くと怖い気もしなくは無いですが、先ほど例えにあげたインフルエンザの予防接種もウイルスを注入してる訳ですから、健康のために受けるか、美容の為に受けるか、の違いだけではないかなぁ、と思ったりします。 そして、肝心の効果ですが、ファンデを塗ってもうっすら見え隠れして嫌だなぁと鏡を見る度憂鬱だったおでこが、つるんつるんになります! つるんつるん過ぎてちょっとテカったりするぐらいです。 前髪でしわを隠す必要もなく、ファッションに合わせておでこ全開ヘアスタイルも怖く無くなりました。 私にとってはエステ通いより欠かせないお手入れの一つです。

 

ボトックス注射のついでに脱毛を美容外科で

人の欲は湯水のごとく湧いてくるのだと実感させられたのは、美容外科でボトックス注射の治療を受けたときです。口のすぼみが酷くて、周囲は口に出しませんでしたが醜いことは火を見るよりも明らかでした。友人たちの中には、私がコンプレックスを抱えていることに気が付いたのか、「綺麗だよ」とお世辞を言ってくれることもしばしばです。そんなことで私の心が癒やされるはずもなく、どんどん自己嫌悪に陥っていきました。ちょうどそのころ、美容系の仕事に携わっている孫から連絡が入ります。昨年のお盆に再開した際、私の口周りが気になったと言われました。孫とは言え、コンプレックスに触れられるのは良い気になりません。その次に彼女が発したのは、ボトックス注射で口のすぼみが治ることの説明でした。ボトックス注射は生まれてはじめて聞いた言葉だったので、不安な気持ちを抱きながら孫が働く美容外科に訪れます。担当していただいたのは柔和な表情の男性で、それだけでも不安感が和らぎました。ボトックス注射のために何度か通院していると、口のすぼみが大分マシになったと実感できます。そうすると、今度は顔のムダ毛が気になります。ボトックス注射のついでに、同じ美容外科で脱毛施術を受けたというわけです。 脱毛をしたいなら天神 脱毛が最近はオススメです。治療してくれる方が非常に親切なので安心して脱毛することができます。初めての人には是非利用してもらいたいです。

美容外科の施術記録

美容外科には大変お世話になっています。
10代の頃からニキビに悩まされて、その後、さらに悩むことになるのがニキビ跡です。
ニキビはいつか治りますが、悲しいことに凸凹になったにきび跡は自然に治ることはありません。
なので美容外科の力を借りて、すこしでも改善させたいと希望を抱いています。
はじめに試したのはフォトフェイシャルで、合計10回くらい受けました。。。 >>read